メルセンヌ開運技研

2018年7月より、旧「そんな私が開運生活をした結果、」を移転・改装致しました。日常生活で実践しやすい開運情報を考察・シェアしていくブログです♬

2019年の「開運手帳」に出会う♡手帳選びのラッキーポイント!

f:id:prime__number:20180925042115j:plain

今年も早いもので、来年の手帳が店頭に並ぶ時期になりました。

定番デザインから最新アイデア手帳まで、毎年たくさんの魅力的な手帳が揃い、

選ぶのに迷ってしまう方も少なくないかと思います。

 

そこで、迷いすぎて悩んだときの「選択基準」のひとつとして、

「開運」という観点から見た、手帳選びのポイントを提案させていただきます!

今年も「特別な一冊」に出会うため、参考に取り入れてみてくださいね

 

 

2019年のラッキー手帳を選ぶ!

2019年は「己亥・八白土星」の年で、木星は「射手座」、土星は「山羊座」に回座します。

また、春分の日が満月の日となる、非常に珍しい星並びの年となります。

 

これらが示す、2019年の開運キーワードは「自由度」「専門性」

自由なアイデアで色々な使い方ができて、趣味や仕事などの特化分野を磨ける手帳

この年に幸運を呼んでくれる一冊となります

 

おすすめの手帳スタイル

「八白土星」と「射手座木星」がメインで影響する2019年は、

これまで以上に変化の流れが激しく、様々な物事が目まぐるしく移り変わる

変動と飛躍の年となることが予測されています。

 

そのため、身の回りの状況がどう変化しても対応できるような、

自由にカスタマイズできるシンプルな手帳が最適です!

 

記入欄やレイアウトが広めに区切られた、汎用性の高いデザインのものを

自分の使いやすいようにアレンジしながら使っていくのが理想的です。

そのときどきの状況やアイデアに合わせて、書き方をどんどん発展させてみてくださいね

システム手帳に自分好みのレフィルを入れて、

ライフスタイルや目的の変化に合わせて、中身を差し替えていくのも良い方法です!

 

また、射手座木星は「広々とした寛大な視野」を象徴するので、

余白やフリーページを多くとって、たくさん書き込めるようにしておいてください

2019年は「柔軟性」と「積み重ね」によって願いが叶う年ですので、

思いついたことがどんどん書き込めるよう、ページに余裕を持っておくのがポイントです

 

おすすめデザイン

「自由度」と同時に「専門性」も重要な2019年は、

特定の趣味や職種向けなど特化したテーマを持つ手帳が向いています。

 

旅行手帳やペット手帳、料理手帳のような趣味のものでも、

ママ手帳や就活手帳、ナース手帳などのライフスタイル特化のものでも構いません。

ご自身の使い方に合っていて、テーマに魅力を感じるものを選んでくださいね

その道の有名人がプロデュースした特化型手帳もお奨めです

 

特に選びたいテーマが思いつかない場合は、巻末資料が豊富なものや、

効率化ページが多いもの、英語手帳のような学習系のものなどがお奨めです。

 

また、八白土星の2019年は手帳の複数冊使いにも縁がありますので、

趣味の手帳ではスケジュール欄が使いづらい…という場合には、

思い切って両方選び、2冊使いをしてみるのも良い案です

実務用と趣味用のほか、日記用と予定用、願い事用の手帳を用意する等の使い方もあります

 

 

カバーのデザインに関しては、2019年は「伝統とカジュアル」が開運ポイントなので、

  • 和モダンなデザイン
  • 伝統工芸の素材やテキスタイルを取り入れたデザイン
  • 世界遺産など、名所の風景写真が使われているもの
  • 職人が作るクラフトレザーやハンドメイド素材のカバー
  • 長く愛されているキャラクター・ブランドのもの

など、歴史ある「定番」を、日常使いで持ち歩けるものがお奨めです。

 

「自由度の高さ」に重点を置くなら、シンプルなビニールカバー手帳や紙表紙の手帳に

写真のコラージュや手描きイラストを加えるなど、自分でデザインしてみるのもお奨めです

 

おすすめカラー

2019年を象徴するラッキーカラーは、彩度が高く明るい色

薄い色でも濃い色でも、パッと明るい気持ちになるような、暖かみのある色がお奨めです。

代表的な2019年のテーマカラーは

  •  ゴールド
  •  朱色
  •  バイオレット
  •  アイボリー
  •  コバルトブルー
  •  ピンクベージュ
  •  アップルグリーン

などがお奨めです

※お使いのブラウザによって、色の見え方が異なる場合があります。

また、ソース内のカラーコードと色の表記名が異なるものもございます。

これらの色味を厳密に捉える必要はありませんので、イメージングの参考程度にご覧ください。

「パーソナルカラー」の区分で言うと「ブライトスプリング」の色味に相当するような、

中高明度・彩度で、黄色味を含んだ暖かい印象の色調がおすすめです!

 

使い始めにおすすめの日

手帳を使い始めるのは、月の干支が「子」となる12月からにすると、

干支の並びに適合し、スムーズに運気に乗ることができます

ですから、12月始まりの手帳を選んでおくのがお奨めです!

 

使い始めの日をピンポイントで決めるなら、

  • 「子の月」の節入り、かつ新月12月7日
  • 陰陽が切り替わり、天文上での年変わりとされる「冬至」の12月22日
  • 「天赦日」の11月28日(月変わり前なので、子丑天中殺の方におすすめ)

の3日です

 

11月28日の「天赦日」に関しては、こちらの記事も参考になさってください

 

手帳の影響を受けやすいケース

f:id:prime__number:20180925042130j:plain

基本的に、手帳のレイアウトについての吉凶はありませんので、

自分に合った使いやすいものであれば、どんなものでも構いません

ただ、手帳は「未来を記す」ツールなので、少しずつ運に影響する場合もあります。

決して悪い事になるものではありませんが、影響を受けるパターンをご紹介します。

 

「平日重視型」で本当に平日重視型になる

見開き一週間のうち、平日の割合が大きく、土日の欄がその半分くらいになっている

「平日重視型」の手帳を毎日見ていると、無意識的に土日の比重が軽くなりがちです。

週末の予定は簡単に書き込んでいくため、ワークライフバランス派の方よりも

平日が忙しすぎるため週末は静かに過ごしたい、という方向けです。

 

「マンスリーだけ手帳」でおおざっぱになる

月間欄だけの手帳は、大きな日付にざっくりと書き込むため、

「予定」や「計画」よりも「実行」を重んじる運気になりがちです。

そのため、予定に変更が多い方や、記録として使いたい方向けです。

 

「1日1ページ型」は安定運重視

1日1ページの手帳は、日記的な使い方をする方が多いと思いますが、

このように「1日1日をしっかり残す」という習慣は、安定運を上げるため

仕事や生活の安定、家庭運や結婚運、子供の健康な成長を願う方向けです。

 

「スマホ連動型」は仕事運アップ

風水で「紙」「時間」「文字」はすべて「木の気」に含まれるため、

「手帳」は木の気が非常に強いアイテムです。

風水で「木の気」が持つ運は、仕事運・勉強運・成長と発展運・出会い運などですが、

スマホやタブレットなどのモバイル機器も、強い「木の気」を持つため

スマホと連動する手帳は、仕事や勉強や出会いで、さらなる成長を目指す方向けです。

 

日曜始まりか、月曜始まりか?

東洋占術や東洋医学では「陰陽五行説」を使いますが、

七曜日にはそれぞれ「陰陽+五行」が振り当てられています。

木・火・土・金・水と、陰(月)、陽(日)で、合わせて七曜日になりますが、

 

「陰」の月曜日「新たな気持ち、落ち着き」を表すため、月曜始まりは

気を引き締めて一週間を始めたい方や、土日休みの仕事をなさっている方向けです。

「陽」の日曜日「達成感、楽しさ、行動力」を表すので、日曜始まりは

在宅ワークの方など、仕事をさっさと片付けて、後はゆっくり過ごしたいという方向けです。

 

あと、新月の願い実践中の方は月曜始まり(「陰」から始めるのは新月と同じ事)、

月曜が鬱っぽくなる方は日曜始まりのほうがいいかもです。

※ここは私の憶測部分ですのでご了承を…w!

 

忙しい年にこそおすすめです!

「変動と飛躍の年」になると予想される2019年。

予想外の方向に状況が一転したり、想像以上に物事が発展しやすい年ですから、

計画を書き留めたり、情報を整理しておくのに「手帳」は最適のツール。

加えて「継続は力なり」を象徴するような、日々の積み重ねが活きる年でもありますから

運に良い手帳を積極的に活用して、2019年もどんどん願いを叶えていきましょう!

 

 

 

あわせて読んでほしい♡暦の「十二直」の解説と生活への活用法をご紹介しています♬