メルセンヌ開運技研

2018年7月より、旧「そんな私が開運生活をした結果、」を移転・改装致しました。日常生活で実践しやすい開運情報を考察・シェアしていくブログです♬

夏の土用はアクティブに「体験型」の思い出を作ろう!

f:id:prime__number:20180718200528j:plain

7月20日より、夏の「土用」期間に入ります。

暑さがますます厳しくなる時期ですが、この期間を有意義に過ごして

さらなる幸運に繋げていきましょう!

 

 

「土用」期間の意味

毎年この時期になれば、いろいろな所でウナギが宣伝されるようになり、

「土用」を意識する方も多いのではないでしょうか。

 

こよみの上での土用とは「季節の変わり目」を指し、

立春・立夏・立秋・立冬それぞれの、直前約18日が土用に該当します。

東洋占術や東洋医学で使われる「陰陽五行説」で一年を五行に分類したとき、

「土の気」の季節にあたるのが土用となり、これは変化の時期とされています。

 

こんなに暑いのに、暦では秋といわれるわけ

今回の土用の期間は、7月20日から8月6日までの18日間で、

8月7日の「立秋」の候より、暦の上では秋となります。

 

この「暦上の季節」をニュースなどで聞いて、実際の季節感と合ってない…と

少なからず疑問に思ったことはありませんか?

実はこの「暦での季節」というのは、太陽の位置に基づいて決められているため、

実際の気候や天候とは関係がないのです。

 

例えば「立秋」は、太陽黄径135゜になる日と決められているので、

毎年だいたい8月6~8日頃となりますが、まだまだ暑い時期にもかかわらず

地球の公転周期(=こよみ)上の「秋」の位置に入る、ということです。

 

ちなみにこの「135度」というのは、夏至と秋分の中間点という基準で決まっており、

冬至と春分の中間点である「立春」と、180度の対極になる関係です。

 

夏の土用に実践したい開運行動

f:id:prime__number:20170712132738j:plain

陰陽五行説で「季節の変わり目」となる土用は、生活を見直し整える時期。

この期間中にお奨めしたい、生活のポイントについてお知らせします❀

 

まずは自宅の湿気対策!

陰陽五行説では、夏は「火」を表す季節なので「水の気」を壊します。(火侮水の逆剋

風水での「水の気」は、文字通り「水場」を示し、

これが澱むと恋愛運や金運、精神の安定運がダウンする要因になってしまいます。

 

水場の澱みといえば、カビ・水垢汚れ・汚れた水を溜めたものなどがありますが、

湿気が多い時期は、水の気が邪気になりやすいので、特に気を付けたい箇所は

  • 排水口
  • 洗濯槽の内側
  • 浴槽のお湯(長時間放置しないほうがベターです)
  • シンクの洗い桶
  • 花瓶の水
  • ペットの飲み水(特に給水器を使っている場合、こまめに掃除してあげてください)

などの、水を溜めておく場所を特に、重点的に掃除してみてください

 

体の中の湿気にも注意!

東洋医学では、「土」の季節は湿気が大敵とされています。

湿度の高いところに長時間いると、体内の水分がうまく排出できなくなり、

結果的に体に余分な水分が溜まることになるそうです。

その結果、むくみやだるさを引き起こしたり、体が冷えやすくなりがちです。

 

もしも心当たりがあるようでしたら、水分排出を促す食べ物を積極的に摂ってみてください!

ナス・ゴーヤ・ズッキーニなどの夏野菜や、生姜・大葉・にんにくなどの薬味類が

体から余分な水分を出しやすくするのに非常に効果的です

 

「体験」を重視した遊びをする

今年の土用は、年と月で「九紫火星」が重なる「火」の気が強い時期となります。

九星における「火」の気は、実際の経験や体験と非常に相性が良いため

この夏はぜひ、実際に手や体を動かす「体験型」の過ごし方をしてみてください!

 

各種「一日体験教室」やハンドメイド系ワークショップ、習い事などのような

手近に始められるものでかまいません。

特にお子様がいるご家庭の場合、今年はできるだけ多くの「体験」をさせてあげてください

お教室関連でなくとも、「初めての海水浴」や「初めてのゆるキャン△」といった

ご家族でできるイベントにも最適のときです

 

また、九紫火星には「華やかさ・美しさ・人気運」といった意味もありますので

好みによりますが、夜職の体験入店にも良い月ではあります。

 

夏の土用といえばウナギですが…

f:id:prime__number:20180419022311j:plain

やはり土用といえば、最も有名なのが夏のもので

今年も各所で「土用の丑の日」の看板が見られる季節になりましたね。

 

でも最近は、ウナギの食べ控え運動に代表される不買傾向にあり、

長年言われ続けてきた「夏バテ予防」「スタミナ補給」という効果も、

「大した栄養源にならない」という意見も増えてきました。

 

特に今年は、例年稀にみる不漁でいよいよ絶滅問題が浸透し、

多くの人が買い控えるようになったため、逆に余るほどの状況になっているようです。

(参考:朝日新聞デジタル)

記録的不漁、絶滅危惧種 それでもウナギを食べますか?:朝日新聞デジタル

不漁でも…国産ウナギ余ってる「買い手つかぬ異常事態」:朝日新聞デジタル

 

ウナギの言われと絶滅問題に関しては、こちらの記事もぜひご覧ください

 

余談ですが、節分のときに「まきまきソング」が流れていたスーパーで

最近はうなうなディスコが流れていますw

 

こんなときこそ「瓜類」を!

土用のウナギが問題視されている今、代替案として言われるようになったのが

きゅうりやゴーヤなどの「瓜類(ウリ科野菜)」です。

 

これは、土用はそもそもウナギに限らず「う」の付く食べ物を食べると良いため、

ウナギの他に挙げられていた「うり」や「うどん」や「うめ」に替えよう!というものです。

中でも「瓜類」は、体の熱を放出してくれる効果があり、この時期にはぴったりなんです!

今が旬のウリ科野菜は

  • きゅうり
  • ゴーヤ(にがうり)
  • メロン
  • すいか(西瓜)
  • 冬瓜
  • かぼちゃ(南瓜)
  • 白瓜

などがあります。

 

体調管理が最優先!

今年は酷暑が続くと予測されていて、まだまだ暑い日は続きそうです。

土用の「土の気」は、健康運にも直結した運気ですので

この期間を健康に過ごして、ますます開運生活を目指していきましょう!

 

 

 

あわせて読んでほしい♡7月は外出に最適な月!おすすめプランも書いています❀